ピアノと英語 どちらも学び
子どもたちの笑顔と健やかな成長を育む

ちょっと変わったピアノ教室

壁にぶつかっても大丈夫
ちょっと頑張って、ちょっと自信が増えて。

そうしながら、子どもたちが
毎日を楽しんで、元気に育ちますように

リトルノートは、ピアノと英語のどちらも学べるちょっと変わったピアノ教室です。

一般的な教室とは違い、ピアノの上手い下手でお子さま同士を比較したりしません。

そのため、ピアノのコンクールなどもありません。

私たちが最も大切にしていること。

それは、小さなチャレンジを積み重ね、ちょっとした壁を乗り越えることの楽しさを、お子さまと一緒に共有することです。

「自分でもやれるんだ。こんなこともできるようになったよ!」

と。

リラックスして、楽しめるレッスンをお届けします。

お子さまの成長を実感できます

リトルノートはお子さまの好みや性格にあった、小さな挑戦をたくさんできる独自カリキュラムです。

「できる」「できた!」という体験を積み重ね、最初は自信なさげだったお子さんも、いつしか自信満々な笑顔に。

どのようなお子さまでも、着実に成長を実感できます。

一人ひとりに心のかよったレッスン

私たちはお子さまの成長に真摯に向き合っています。

ピアノの上手下手といった技術ではなく、お子さまが心から音楽を楽しむことを大切にしています。

子どもたち一人ひとりの個性を尊重し、他の子と比べるといったことは一切しません。

お子さまの着実な成長に寄り添った、心のかよったレッスンをお約束します。

笑顔あふれるイキイキとした毎日

レッスンで積み重ねた小さな成功体験により、お子さまの自信が育まれていきます。

子どもたちは自ら自分の魅力に気づき、自己を表現できるように。

たった一度の人生、大好きなことを見つけ心から楽しんでほしい。

今まで見たことのないような、とびっきりの笑顔と、イキイキとした毎日をお届けします。

すべての子どもたちが
笑顔で前向きな気持ちで
成長していけますように

ピアノは楽譜を見ながら手指と足で音を奏で、その音色や音の重なり合いを耳で感じる楽器。

視覚、触覚、聴覚と、脳のすべての領域をバランスよく発達させることができます。

『脳の発育に良い習い事』として、知育教育で取り入れられるご家庭がとても多いです。

「幼少期の脳の発達にピアノに取り入れたい」

リトルノートの体験レッスンを希望される親御さんの中には、以下のような不安を抱えていらっしゃる方もいます。

  • 他の子と比べてペースが遅めだけど大丈夫かしら?
  • 落ち着きがなくじっとできなくても、見てくれますか?
  • やんちゃでちょっと乱暴なところもあるけど断られないかな
  • すごく人見知りで教室に馴染めるか心配で・・

新しい習い事を始めるにあたり、こうした不安をお持ちになるのも、無理ありません。

けれど、大丈夫です。

親御さんが少し不安に思われる部分も、お子さまの大切な個性だと、私たちは捉えています。

音楽はボーダレス。

だれもが平等に楽しめますので、どうぞご安心ください。

当教室には、知的障がい、自閉症、場面緘黙、HSC、視覚障がいのお子さまも多数在籍し、みんな笑顔で楽しくレッスンしています。

「個性を受け入れ尊重し、伸ばすことで健やかに成長する」

このような理念のもと、私たちは5つのこだわりをもち、日々レッスンに励んでいます。

リトルノートの5つのこだわり

①子どもが楽しく成長できるレッスン

誰かが喜んでくれる!

その経験が子どもたちの心の栄養になります。

  • ピアノをちょっと弾いてみたら、お母さん、お父さん、先生が喜んでくれた!
  • みんなで英語を言ってみたら、一体感で楽しくなった!
  • 体験レッスンのときからノリノリ♪

「笑顔と楽しさと共に成長してほしい」

リトルノートはそう考えてお子さまをお迎えしています。

②一人ひとりを大切にしたカリキュラム

ピアノは弾き手によって不思議と音色が異なります。同じように、お子さまの個性もお一人おひとり違うもの。

歌うのが好き、リズムに乗るのが好き、書くのが好き。

お子さまの「好き」の角度は本当にさまざまです。

私たちはその多様性を認め、大切にし尊重しながら、最適なカリキュラムを組んでいます。

そのため、お子さまの負荷を極力減らしつつ、どんどん自信がつく環境をご用意できるのです。

③「できる」の体験をとおして自信を育む

少しずつ身長が伸びたり、身体が大きくなるように、心も時間とともに育ちます。

リトルノートはピアノと英語をうまく使って、お子さまの心にそっと栄養を届けます。

小さなチャレンジに取り組み、「できた!」という達成感と、その過程で得られる喜びを感じる。

このような成功体験を積み重ね、自然と湧き出る「自信」を丁寧に育てます。

数ヶ月過ぎた頃には、以前より積極的なお子さまにお気づきになられることでしょう。

④規則正しい時間どおりのレッスン

私たちはレッスンの開始、終了時間をしっかりと守ります。

貴重なレッスンが時間どおりに始まること、レッスン時間が延長し、後に続く予定が台無しにならないように。

時間を守ることは、規則正しい生活を送ることと同じことと考えています。

お子さまがこれからの生活のなかで時間を守れるように、私たちも子どもたちの模範として振る舞います。

⑤レッスンの様子を定期的にお知らせ

「うちの子、どんなふうにレッスンをしているのかな?」

お子さまがどんな様子でレッスンを受けているのか、文章と写真を添えて、LINEで定期的にお知らせしています。

私たちはお子さまだけでなく、大切なお子さまを預けてくださるご家族の方々にも、安心と笑顔をお届けしたいと考えています。

またLINEでは、ご質問やご相談も受け付けています。

ご不明な点やご不安なことなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

リトルノートの英語レッスンを詳しく紹介

「リトルノートさんは、どうしてピアノだけではなく、英語のレッスンも取り入れているのですか?」

このようにご質問をいただくことがとても多いです。

私たちのお答えは、ピアノ教室が安心して学べる環境だからです。

小さなお子さまにとって、英語だけを学ぶというのはとても大変なこと。

じっと椅子に座ったり、先生の言うことをじっと聞くというのは、簡単そうで実は難しいことなのです。

ピアノ教室なら、日々楽しくレッスンをしている空間で、ピアノと一緒に英語も学べるため、お子さまもすんなり受け入れてくれます。

グループレッスンはピアノ20分、英語20分の計40分と、低年齢のお子さまにも無理のない時間で、集中力を切らさずテンポの良いレッスン。

個人レッスンは、お子さまの好みに合わせてレッスン時間の比率を調整できます。

また、お子さまごとに教材を使い分けているため、グループレッスンであっても、お子さまごとのレベルや理解度に応じたカリキュラムで英語の習得が進みます。

ピアノのレッスンを続けることで、どのような性格のお子さまでも、じっと椅子に座って、ものごとに集中できるようになります。

その延長で、何かを学ぶ練習として「英語」を学ぶ。

リトルノートの英語レッスンは、小学校入学に先立ち、座って学ぶ習慣を身につける良い機会となっています。

小学校に上がる頃には「英語が当たり前」という感覚が育ち、入学後もみなさん自信をもって学校の勉強に取り組まれています。

生徒さまの声

生徒さまより、毎日のようにお喜びの声が届いています。

いただいたご感想の中から、ほんの一部ですがご紹介いたします。

レッスンの流れ

STEP 01

お問い合わせ

教室の公式LINEに登録後、案内に沿ってメッセージをお送りください。

ご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

STEP 02

体験レッスンのお申込み

お客さまのご都合とご希望クラスの空いている枠を調整し、体験レッスンにお越しいただきます。

体験会を開催する際は、日程をご調整のうえご参加ください。

STEP 03

クラスのご相談

リトルノートでは4つのクラスをご提供しています。

それぞれご希望に合わせてお選びいただけます。

お子さまに合ったクラスをご相談しながら決めることもできます。

入会後、途中でクラス変更も承っています。

※経過期日、移動するクラスによっては、差額の料金が発生する場合があります。入会規約に従い、お手続きさせていただきます。

STEP 04

ご入会手続き

所定のお手続き、お月謝をお振込みいただきます。

STEP 05

レッスンスタート

リトルノートをお選びくださり、ありがとうございます。

大切にお一人おひとりをお迎えします。

心のかよったリトルノートのレッスンでお子さまの成長をご実感ください。

体験レッスンのお申し込み

リトルノートでは、体験レッスンのお申込みを受け付けています。

教室の公式LINEにご登録いただき、お気軽にお問い合わせください。

体験レッスンのお問い合わせは、24時間いつでも承っています。

体験レッスンのお申込み」ページにある「LINEアカウント」から友だち登録をお願いします。

その後、「体験レッスン希望」とメッセージをいただけましたら、こちらからクラスの空き枠をご案内します。

クラス紹介

ピアノレッスンコース

自閉症のお子さま、全盲の生徒さん、発達障がいのお子さまや、全国のステージを目指す生徒さん。

それぞれのピアノレベルや、ご要望に応じて、負担なく楽しく成長できるレッスンを提供しています。

お母さまの付き添いがなくても、ご自宅で付き添い練習がなくても、お子さま一人でできる内容・やり方です。

月謝8,800円(税込)
対象年齢3歳少し前~20代、80代まで
実施日月曜〜土曜
レッスン時間ご希望やレッスンの進捗に応じて、30分から45分、60分もお選びいただけます

プリ英語ピアノコース

英語とピアノをミックスした、お子さまが楽しく英語とピアノを学べる新しい学習メソッド。プリトーンのオリジナルドリルを使用します。

1回のレッスンで英語20分、ピアノ20分、どちらも学ぶグループレッスンです。

小学校に上がるときに、ピアノ個人レッスン・小学生英語クラスなど、ご希望により進級可能です。

月謝6,600円(税込)
教材費年間3,000円~5,000円程度
実施日① 火曜15:00~15:40
② 火曜15:50〜16:30
③ 火曜17:00〜17:40(2022年12月より新設)
④ 火曜17:50〜18:30(2022年12月より新設)
⑤ 金曜15:10〜15:50
⑥ 金曜17:30〜18:10
レッスン時間どのクラスも 1レッスン/40分 となります

英語リトミックコース

リトミック・英語リトミックは、生のピアノで音感を育てます。

子どもたちの笑顔がたくさんの、楽しいレッスンです。

「集中力」「聴く力」「表現力」を育てながら楽しくレッスン。自然にリズム感や音感・表現力が身につきます。

月謝5,280円(税込)
実施日①リトルクラス
【1歳〜今年度2歳クラス】
●土曜日 10:15-10:45

②ドレミクラス
【2歳〜今年度3歳クラス】
●土曜日 9:30-10:00
レッスン時間1レッスン/30分 となります。
(出入り含み40分程度)
月3回

オンラインレッスン

  • 発達障がい
  • 不登校
  • 身体の理由
  • 遠方だけどリトルノートのレッスンが受けたい

などで、対面レッスンが難しいお子さまには、オンラインレッスンをお選びいただけます。

月謝8,800円(税込)
実施日応相談
レッスン時間応相談

よくいただくご質問

療育に通っています。発達障がいを持っていても大丈夫でしょうか?

はい、大丈夫です。

当教室には、発達障がいのお子さまも多数在籍しており、みなさんレッスンを楽しまれています。

ぜひ一度、体験レッスンにお申し込みください。

「これまでの不安は何だったんだろう?」というほど、楽しまれているお子さまの笑顔に癒やされることと思います。

自宅にピアノがなくても始められますか?

はい、始められます。

ご自宅にピアノのないご家庭でもスタートできるように配慮したカリキュラムになっています。

以前の教室では長続きしませんでした。うちの子が続けられるか不安なのですが。

はい、ご安心ください。

リトルノートでは「ピアノを弾きたくなるレッスン」を心がけています。

お子さまの気持ちやペースに寄り添い、尊重して進めていきますので、とびっきりの笑顔とイキイキとした毎日をお届けします。

どのクラスを選んだらよいかわかりません。

リトルノートには、4つのコースをご提供しています。

  1. ピアノ個人レッスン
  2. プリ英語ピアノクラス
  3. 英語リトミック
  4. オンラインピアノ個人レッスン

お子さまの好みや特性に合わせて、レッスンをお選びいただけます。

ぜひ体験レッスンを受けてみてください。教室の公式LINEでもコース選定のご相談を承っています。

体験レッスンを受けたいのですが、どうしたらいいですか?

リトルノートでは、体験レッスンを受け付けています。

教室の公式LINEにご登録後、ご案内に沿ってメッセージをお送りください。

ご都合の良いお日にちとご希望クラスの空いている枠を調整させていただきます。

遠方に住んでいるため通えないのですが…。それでもリトルノートのレッスンを受けてみたいです。

ありがとうございます。

リトルノートでは、オンラインピアノレッスンを行なっています。

オンラインでも体験レッスンを受講できますので、ぜひ一度ご参加ください。

レッスン中は親の付き添いが必要ですか?

英語リトミック以外、母子分離でレッスンをしています。

お子さまと講師で行うレッスンは、お子さまも講師の方へ集中が向きやすく、安心してお預けください。

保護者様におかれましては、レッスン時間をリフレッシュの時間として充てていただけます。

最後に

リトルノート代表の神野です。

ピアノという楽器の音色が、たまらなく大好きな私。

私にとってピアノは、いつもそこにあって、ただただ言葉にならない思いを受け止めて、そして一緒に音色で歌ってくれる存在。

未来を担うお子さんたちに、このピアノの素晴らしさを味わってもらいたい

そんな想いから、2003年に教室を始めました。

ある日、お子さんをピアノ教室に通わせたいと、親御さんからご連絡をいただきました。

「何件も電話して、視覚障がいを理由に断られて、もう断られるのが怖くて、メールで問い合わせさせていただきます」 

と。

音楽はボーダレス。

どのお子さまにも「学ぶ権利」があると思い、ぜひピアノを体験してもらいたい、と一緒に学べる環境を整えていきました。

今リトルノートには、知的障がい、自閉症、場面緘黙、HSC、視覚障がいのお子さまも多数在籍し、みんな楽しくレッスンをしています。

全盲と重度知的障がいの生徒さんが、習いに来てくれています。

今でも鮮明に覚えています。

意思疎通ができない状態で、手をぎゅっとにぎりしめたまま、ピアノを弾くまでいかない日々。

でも、私がやさしい演奏を聴かせてあげると、息が荒くなり嬉しそうに身体を揺らしている。

次第に、レッスン前に「ゆか先生いくの〜」と毎回言ってくれるようになり、

にぎった手もゆるく開き、ゆっくり右手で1音ずつ鳴らして、耳を澄まして。

1本目の指、次の月には2本目の指と、生徒さんが疲れないようにペースを見ながら。

そんなふうに進めてきて、
8年目の今、両手でピアノを弾いているんです。

今ではご両親が「もっとピアノの時間を過ごさせてあげたい」と、生徒さんがピアノと触れ合う時間が長くなっています。

リトルノートは、「教室に来ると安心できて、ピアノの音色で癒されて、なんだか楽しくなってしまう場所」を大切にしています。

  • 生徒さんを尊重し、決して無理強いをせず、楽しく学べるレッスンを提供する
  • お子さんに合わせて(できるレベルの)小さなチャレンジを積み重ねていく
  • このチャレンジを身につけながら、少しずつ自信をつけてもらう

初めてお越しいただくときは、お子さんだけでなく親御さんも緊張されています。

お越しになる前に、当教室の情報や道順などがわからないから不安、ということがないように。

「大好き!と毎回楽しみに通ってくれる」
「大切なお子さまをお預けくださっている」

という信頼と感謝を胸に、安心して楽しく学べる教室でお待ちしています。

最後に、

だれもが音楽を楽しみながら、自分のことを大好きになって、イキイキとしてくれる

リトルノートをとおして、そのお手伝いができたら嬉しく思います。